転職時の自分の適性がわかるの詳細

> 転職時の自分の適性がわかる

転職時の自分の適性がわかる

転職エージェントのキャリアパートナーのおかげで転職できましたが、正直なところ転職するまでかなり葛藤があり退職しても次の転職先が見つかるかどうか不安がありました。入社して3年ほどしか経過していないので、社会人としての最低限のマナーは身に付いた気がしますが本当は自分がしたいことは何か随分迷っていました。

会社自体は不景気になり早期退職、出向、ベースダウンなど環境は悪くなるばかりで将来の展望が見えなくなっていたのと、入社した時の職種から変更され営業職に廻されていたのでやる気がなくなっていたので退職する決意はゆるがなかったです。

両親に相談したところ縁あって入社したのでただ働きでもよいので辞めずにそのまま仕事をつづけろというだけででしたので、参考になりませんでした。会社の人には相談できることではないので1人で悩んでいました。

転職サイトも見ましたがどんな職種に向いているのかがわからなくなっていたので不安ばかりたまっていました。転職エージェントを偶然知ることができ、相談したところキャリアパートナーを紹介してくれました。この方は同じように転職した経験がありまずは話を聞いてくれました。

雑談みたいなかんじでしたが、第3者の人と話していると徐々に自分の適性がわかってくるようになりました。もともと内気な性格なので営業職には向いていないことを実感していました。キャリアパートナーのかたはあくまで聞き役に徹してくれたので話をしていくなかで入社当時に持っていたエンジニアの道をもう一度進んでみたいという気持ちがわいてきました。

ここで初めて職種や具体的な会社を紹介してくれるようになり、働いているイメージがつかめるようになってきました。キャリアパートナーの人はいろいろなわがままに対して嫌な顔をしないで対応してくれたので、意外にスムーズに希望する転職先との面接にたどり着くことができました。転職エージェントでよかったことはキャリアのある聞き手の方と相談することができ、最終的に自分の適性がつかめることだと思っています。